新入社員研修と外人

新入社員研修はまだまだ、社会人として自覚がない若い人たちに社会人としてのマナーなどを報ずるプログラムだ。
多くの企業では社内の係員が作成したプログラムによって、説明をしていることでしょう。
勿論、すべての企業が同じ内容ではありませんがいくつかの例によっている場合がほとんどです。
近年は海外からの実習研修生が増えてあり、新入社員研修にも参加するようになってきました。
こんな外人に対する研修は日本人の学生とは別の視点からの研修が必要となるでしょう。
いくつかの例を考えてみましょう。
まずは挨拶だ。
日本の習慣としておはようございますというらおじぎをします。
外国ではさほどそうではありません。
また、食事や服装の習慣も違う。
新入社員研修では社会人としてどうしてあるべきかを報ずるのですが、近年の環境についても十分な説明をしなければなりません。
パワーハラスメント、セクシャルハラスメントなどコンプライアンスに関する問題が会社だけではなく、各種ところで発生していることはよくわかっているでしょう。
外人だからというわけではなく、日本の企業で仕事をする上では誰もが知っておかなければならないのです。
パワーハラスメントの気掛かりを指摘した事例はよく見ることがあるでしょうが、上司から部下へのハラスメントに限っておるわけではありません。
部下から上司に対するハラスメントも存在している。
つまり、人としての尊厳を痛めつけるような行動、発言がハラスメントなのです。
それをすぐに理解することは難しいですから、毎年定期的な研修を通じていかなければなりません。
外人は、言葉の壁も大きな問題でしょう。
言葉で説明しても理解してもらえません。
絵や動画などわかりやすい例を作成する結果、研修で説明狙う内容をリバイバルすることができます。
新入社員研修をマネージメントする企業に動画を提供してもらうこともできるでしょう。
日本語だけではなく、近隣諸国の言葉に吹き替えた動画も作られています。
これらの例から人間が学ぶべき点がたくさんあります。
それは新入社員だけではなく、もはや社会人として勤める人も気づいていないことがあるからです。https://www.interserveonline.org.uk/