肌年齢、どうして測ればいいのですか?

まだまだ一心に肌年齢という言葉を耳にするようになりましたね。
実際の年齢より肌年齢の方が老けているか、若いのか、自分の肌年齢って分かりたくなりますよね。
でもどうすれば肌年齢って知れるのでしょうか。
いくつか方法があるようです。

肌年齢の測り方は、肌の水分量、油分量、ハリがあるかないかを作ることによって、量ることが出来ます。
測れる所として予め挙げられるのが、コスメティック店のカウンターだ。
お店の方が肌年齢を量る機器で測ってくれ、その結果によりどのように対処したらいいか等アドバイスを受ける事が出来ます。
もちろん無料だ。
でも、何かコスメティックを買わされるのではないかと、心配になる方もおられますよね。
特別コスメティックを貰う必要はありませんので、気軽に行けばいいかと思います。

あえてお店に行くのはたまたましんどい、という方もおられるでしょう。
ひときわ手軽に測れる方法として、携帯のアプリがあります。
やはり、コスメティック店の測定機器に比べれば、精度はとれるかもしれませんが、何と言っても自宅でやれる手軽さが受けています。
3つほど挙げてみましょう。

●資生堂が提供している肌パシャというものです。
肌を撮影すると、肌のきめ、皮脂量や水分量など様々なことをチェックしていただけるアプリだ。
しかもどのようにケアしたら良いかのアドバイスも送られて来ます。

●ハダモア(hada more)。
これは専用アプリにおいて肌を撮影する必要があります。
ネットで購入できますが、安くはないので、まさかそれが難点かもしれません。
ですが、本格的に肌のチェックを望んでいる人には向いているかもしれません。

●肌年齢診断。
これは、上記のものとは違い、細かい質問に答えて肌をチェックするものです。
これは撮影する必要もないですし、応ずるのみが、的確なアドバイスが届きます。

でも、アプリを使わないで大体でいいから、肌年齢を引っかかるとも思いますよね。
肌の弾力を確かめるにはコインで肌を30秒ほど押さえてみます。
弾力がなければそのコインの跡はかなり消えません。
また、細かいしわやちっちゃなシミが出来てないか、鏡で思い切り見晴らしましょう。
じっくり見てちっちゃなシミや詳しいしわが発見されたら肌年齢が上がっていることになります。
そして首のたるみ、目の下のたるみはどうでしょうか。
多少なりともたるみがあれば確実に肌年齢は上がっていることになります。引用